コラム

来訪者管理システム(クラウド)を導入する前に比較してみよう!

来訪者管理システムは目的に合わせて選ぼう!システム導入のご相談はエッジプラスへ

来訪者管理システムを導入する際は、目的に必要な機能を確認することが重要です。セキュリティ強化と業務の効率化のどちらも備えたシステムを導入しようとお考えなら、GuestCoolをご検討ください。

クラウドで入退室管理!システム比較のポイント

System comparison points

来訪者管理システムは、システムによって特徴が大きく異なります。どのようなポイントを見て決めればいいのか、迷ってしまうでしょう。

ここでは、システムを比較する際にチェックすべきポイントを解説します。

ロック解除の手段

会社の入り口に来訪者管理システムを付ける場合は、ロック解除の手段について確認してください。入口に来訪者管理システムを設置すれば、不法侵入の防止や来訪者のお知らせといった便利な機能が活用できます。

社員は毎日通るため、ロック解除の手段を用いてシステムを通過します。ロック解除の手段はICカードやスマホアプリ、生体認証など様々です。

経営者だけでなく、社員全体に確認しておきたいのがどの方法なら解除しやすいかです。解除に手間取ると勤務時間に支障が出るおそれがあります。社員全員が納得できるロック解除手段を使えるシステムを選んでください。

導入目的に合わせた機能

会社がなぜシステムを導入するのかを考え、その目的を達成できる機能が搭載されているかを確認しましょう。セキュリティ目的であれば、ロック解除手段に生体認証を用いることがおすすめです。生体認証は個人によって異なります。登録している人間しか入室できないので、社員であっても簡単には入れません。

事業を効率化したい場合は、オールインワンシステムの導入がおすすめです。オールインワンシステムとは、社内で機械ができる業務を一貫してシステムにお任せするものです。受付業務や来訪者の案内業務、会議室の予約管理業務などが該当します。来訪者の予約に合わせて会議室を仮押さえする、オンライン会議の予定に合わせて会議室を予約するなどの活用方法があります。

システムが担当できる業務をまとめて任せれば、社員の負担は大きく軽減するでしょう。これまで担当していた業務がなくなれば、その分現在の仕事に時間を割けます。

目的に合わせた機能を搭載するシステムを選ぼう

企業によって、来訪者管理システムを導入する目的は異なります。会社のセキュリティを強化したいところもあれば、業務を効率化したいところもあります。できるだけ人件費を削減してコストを抑えたい企業もあるでしょう。

目的によって搭載すべき機能が変わるため、まずは会社が求める希望を話し合ってください。希望が決まれば、どのような機能が必要か判断できます。

クラウドでの入退室管理システムを導入するならエッジプラスへ

cloud

クラウドで入退室管理をするのであれば、目的に合ったシステムを選ぶことが大切です。セキュリティを強化したい、業務をスムーズに進めたいなどの希望があるかと思います。希望に合った機能が搭載されているシステムを選択しましょう。

来訪者管理やセキュリティの強化などをまとめて行いたい方は、エッジプラスにご相談ください。
弊社が用意するGuestCoolは、来訪者管理からKIOSK端末による入館手続きなどに対応しています。
セキュリティが求められる施設などにおいて、顔認証による同一性確認のサポートも可能です。

会社にセキュリティゲートを設置しているのであれば、ゲートとの連動もできます。来訪者がスムーズに入館できるようサポートするため、企業の信用を向上させられるでしょう。

来訪者管理システム導入を検討している方は、一度お問い合わせください。弊社では基本ライセンスに加え、複数のオプションを用意しています。お客様のご希望や予算に合わせて、最適なプランをご提案いたします。

>>統合来訪者管理システム GuestCoolのヘルプセンターはこちら

クラウドでの入退室管理システムを導入するならエッジプラスへ

会社名 株式会社エッジプラス
代表取締役 木村 真由美
住所 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町16-2 代官山フロント5階
お問合せフォーム https://help.edgeplus.co.jp/contact/
URL https://guestcool.jp/

Scroll to Top